FXで勝つために絶対に必要な資金管理方法

FXの具体的な資金管理方法を解説

FXの具体的な資金管理方法を解説

 

ここ数年、「資産運用」ということに対して非常に注目が集まっています。実際にどのような形で資産運用を行うのかは個人の判断によりますが、最終的な目的は「資産を増やす」「安定的な収入を得る」ということです。

 

資産運用を行うことで大きな資産を形成し、それによって豊かな生活を送ろうとする考え方もありますが、「老後の生活資金」として最低限の結果が出れば良いという考え方もあります。

 

具体的な目標を設定したうえで、その目標に向かって効果的なアプローチを行うことが大切です。

 

資産運用の方法としては、基本的に「投資」を行います。投資対象となるものは、「株式」「不動産」「為替」などさまざまですが、中でも比較的最近になって大きくシェアを伸ばしているものが「FX」です。FXとは、外国為替を利用した投資で、それぞれの通貨ごとの相場変動によって利益を生み出すことを目指します。

 

たとえば、1米ドル100円のときに100ドル分を購入し、1米ドル110円になったときに売却することで1000円の利益を得ることができます。

 

しかし、当然のことながら100%プラスになるというわけではありません。取引の状況によっては投資した金額よりも返ってくる金額の方が少なくなってしまうこともあるため、いかにしてこのような状況を回避するのかがポイントになります。

 

要は、「いつ買うのか、いつ売るのか」という判断を適切に行えるかどうかが重要なポイントになるということです。

 

 

資金管理をしっかりと行わなければすぐに相場から退場してしまう

 

FXにおける効果的な資金管理方法としては、「相場変動の根拠を正確に把握すること」大切です。

 

たとえば、相場が大きく変動するきっかけとなりやすい「米雇用統計」、「選挙」などのタイミングは、大衆の心理がもろに相場に現れる可能性が高いため、一気に利益を上げることが可能です。

 

ただ、予想が外れてしまった場合には大幅な損失を被る結果になる可能性もあるので、
「的確な予測」が求められます。

 

とはいえ、どれほどの上級者でも100%正確な予測をすることは不可能です。

 

精々90%程度の予測的中率があれば御の字といったところですが、それは全体的な変動を対象にする場合の話です。

 

FXに限らず、相場には「トレンド」と呼ばれるものがあり、超長期的な変動傾向や短期的な変動傾向に関しては「非常に高い確率でこうなるだろう」という予想が立つ瞬間があります。

 

上級者になればなるほどこの瞬間を的確に見抜き、大きくベットすることでまとまった利益を「安全に」獲得します。FXにおける資産管理の方法とは、要するにこういった行動をすることです。

 

「いつ買うのか」「いつ売るのか」という判断を適切に行うために「根拠」を得ることが必要ですので、あらゆる関連情報を把握するようなつもりで情報収集をすることが必要です。

 

また、予測不可能な変動に対して負うリスクを軽減するために「レバレッジは低めにする」ということを意識することが最も大切となります。予測が立った場合は逆に高めのレバレッジを掛けることも良いですが、基本的には低めの方が精神衛生上もよくプレッシャーのかからないトレードを行うことができます。

ホーム RSS購読 サイトマップ