ビットコインFXは対ドルで行うべきか対円が適切か?

 

ビットコインFXをはじめますとまず気になるのがドルとの通貨ペアで売買するのか円との通貨ペアで行うのがいいのかという問題になります。

 

為替の発想からいきますと円建てで資金を投入して円ベースの口座で売買をし、得られた利益を円で取り戻すというのがもっとも無駄のない売買法になるのは言うまでもありません。

 

このプロセスにUSドルが入ってきますとドル円の上昇や下落、つまり円高なのかドル高なのかといった問題が微妙に証拠金の増減にかかわることになりますので酷く煩雑になることは言うまでもありません。

 

 

最初からビットコインで入金した場合はどうか?

 

海外の仮想通貨FXの業者は入出金上のコストの問題を解決させるために最初から仮想通貨による入金の仕組みを採用しているところがあります。

 

ビットコインで入金すればビットコイン建てで口座が開設できるというわけです。

 

この場合ですとBTCJPYでもBTCUSDでも取引上はあまり大きな問題になることはなさそうです。

 

引き出して自分の国内のウォレットに出金してからのビットコインをどこで日本円に換金すればいいかが最大の問題になりますので、取引上でどの通貨ペアを選択するかという問題はそれほど大きくはなくなります。

 

また銀行を通じて法定通貨を両替した場合法外な取引コストを要求されることになりますが、ビットコインで出し入れするのであればどこの取引所で換金するかが問題になるだけですから、意外と為替のロスというものは感じないことになります。

 

海外FXでドル建ての口座に日本円で送金しますと出し入れの際にすべて両替コストがかかることから絶望的な気分になるわけですが、ビットコインをはじめとする仮想通貨で入金ができるならむしろ取引する仮想通貨ベースで入金しておくほうが効率的という見方もできるようになるわけです。

 

このあたりの話は実際に使ってみませんとピンとこないという部分も多いと思いますが、とにかく最初から無駄なコストをかけずに稼いだ利益をいかにうまく円にして手元に戻すかをしっかり考えることが重要になります。

 

海外仮想通貨FXの場合は通常の海外FX業者と違って資金の入金に関してはかなり斬新な方法をとることにより利用者が余分なコストを支払わなくて済むよう相当考えた取引内容になっています。

 

最近ではステーブルコインを利用した入金もできるように工夫されていますので、このあたりの仕組みをきっちり理解すればより効率的な仮想通貨投資を実現することができるようになるのです。

 

これは海外FXの業者よりもかなり進んだ部分といえるのではないでしょうか。