国内のFX業者と海外FX業者の決定的な違いとは?

日本国内のFX会社と海外のFX会社の違い

日本国内のFX会社と海外のFX会社の違い

 

日本では、老後に不安を感じる人が多く、若い人でもお金を貯めて上手に運用している人が増えています。貯めたお金を運用する方法として、良く知られているのが株ですが、最近はFXも非常に人気が高いです。

 

FXとは、外国為替証拠金取引のことです。証拠金取引とは、証拠金を担保にして、その数倍から数十倍の金額で外貨などを売買する取引方法です。小額の資金で大きな取引をすることを、レバレッジと呼びます。

 

このレバレッジが、証拠金取引の大きな魅力なのです。外国為替証拠金取引では、ある通貨を買い、ある通貨を売るという取引をします。金利の低い通貨を売り、より金利が高い通貨を買った場合に、通貨の金利差がスワップポイントとして残高に反映されます。スワップポイントは、外貨預金でいうと利息のようなものです。

 

FXには、様々な魅力がありますが、取引時間の制限がないのもメリットのひとつです。FXは、世界中の主要都市にインターバンク市場があり、ネットワークでつながっているため、眠らないマーケットと言われています。株式市場は、取引時間に制限があります。しかし、FXは24時間取引することができるのです。

 

魅力的なFXを始める場合、まずFX会社を選びます。FX会社には、国内FX会社と海外FX会社があります。国内FX会社と海外FX会社では、大きな違いがあります。それはレバレッジです。日本の場合、個人トレーダーだとレバレッジが最大25倍に制限されています。ところが、海外のFX会社だと、500倍以上のレバレッジを提供する会社もあるのです。

 

日本は、金融商品取引法によって、個人での取引では最大レバレッジが25倍に規制されています。日本のレバレッジ規制は、日本国内のFX会社だけに適用されます。海外のFX会社でトレードを行う場合は、FX会社が属する国の最大レバレッジが適用されます。ヨーロッパにはレバレッジ規制がないので、ハイレバレッジを提供しているFX会社が多いです。

 

海外FX会社には、ゼロカットシステムがあります。ゼロカットシステムとは、追加証拠金が発生しないシステムです。このシステムは、海外FX会社では広く普及しています。FXトレードを行っていると、予想しない値動きが発生して証拠金以上の損失が出ることがあります。

 

この損失は、後から不足分として請求されることがあり、追加証拠金と呼ばれています。ゼロカットシステムは、証拠金がゼロになった時点で取引を終了するシステムです。ゼロカットシステムが注目を集めるようになったのは、為替市場を揺るがせたスイスフランショックが発生した時です。

 

この時、予想しない大暴落により、世界中のFXトレーダーが大きな損失を出しました。ゼロカットシステムが採用されている海外のFX会社で取引を行っていたFXトレーダーは、証拠金を大きく超える損失を出したものの、追加証拠金は一切請求されませんでした。

 

日本でゼロカットシステムを採用している会社はありませんが、トレーダーの資金を守って追加証拠金を発生させないようにする強制ロスカットとマージンコールというシステムがあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ