海外FX業者のメリット&デメリット

海外FX業者を使う一番のメリットと一番のデメリットとは?

海外FXのメリットとは?

海外FXの一番のメリットは、何と言っても「レバレッジの高さ」です。初めに預けた証拠金が5万円でも100倍のレバレッジを掛けると500万円の取引が可能です。そこで発生した利益も100倍になります。

 

当然のように損失も100倍になり、根拠もなくただ高レバレッジを選ぶのは、その分リスクも抱える事になります。しかし大きな利益を得るという目的がFX投資をする方ならば誰もが持っていると思うと出、レバレッジの高さで選ぶという選択肢もあり得ます。

 

日本のFXは、最大で25倍までと決まっています。(最近ではレバレッジ10倍まで下げられる話がチラホラ出ています。)

 

しかし海外ではそれをはるかに上回る場合も多々あります。例えば日本で評判の海外FXのXMの場合、888倍までかける事ができます。低いところでも100倍が多く、日本とはかけ離れているのが現状です。

 

また、それと相反するともいえる安全網的な仕組みとして「ゼロカットシステム」があります。これは、証拠金がゼロを下り、もし借金が生まれたとしても、それを全部業者が払ってくれ、借金の可能性がないという安心できる仕組みです。これは日本のFX業者ではできないサービスなのです。

 

 

海外FXの一番のデメリットとは?

 

では海外FXの一番のデメリットとは何でしょうか。一番のデメリットは、「信託の保全が義務ではない」点です。つまり預けていた資金が戻る可能性が少ないという事です。

 

日本のFX業者はこれが義務となっているので、倒産しても資金は保証されますので安心できます。ですので保証を重視するのであれば、必ず信託保全制度を採っている業者を選ぶようにしてください。

 

また、海外の業者を選ぶ際の宿命ともいえると思いますが、日本語の応対が十分でない場合があるという事を覚悟する必要があります。

 

もちろん近頃では日本語での応対も増え、日本語のレベルも上がってきた感もしますが、基本海外の業者なので、日本の業者並みの対応力は期待できないというのが現実です。

 

大事な場面や肝心な事柄が英語になっていたりすることもあり得ます。もっとも英語力に自信のある人ならば問題ないかもしれませんが。

 

その中でも零細の海外FX業者になると日本語での対応が全くない、と言った笑えない話まであるのです。英語に自信のない人は、日本語での対応力を調査するのは必須条件となります。

ホーム RSS購読 サイトマップ